おまとめローンの利用で発生する金利と借りる会社の選び方

おまとめローンは、個人が金融機関や消費者金融会社などから借りられる個人向けの融資サービスであり、借りる会社によって様々なサービスがあります。

金利は、借りたお金を返す時に元金と共に支払うお金であり、借りたお金の額だけ金利の年率を乗じた金額を元金に上乗せして返済する事になります。つまり、金利が低いほど返済時の金額は下がりますので、おまとめローンを使う時には金利が低い金融機関や金融会社を選択するのが良いでしょう。

銀行で金利が低いのはネット銀行です。現在では、楽天銀行やソニー銀行、オリックス銀行など様々なネット銀行がありますので、ユーザーにとって選択肢が多いです。

また、銀行系消費者金融会社や大手消費者金融会社の場合、初回利用を条件に30日間金利ゼロを謳っているケースがあります。このようなサービスを行っている会社を利用すれば、そのサービスを展開している期間内に返済をする事で元金だけを返済するだけで済みますので、ユーザーにとっては得をします。

おまとめローンの金利は申込み前にしっかりと確認

おまとめローンの金利とは、利息の計算のもとになる数字です。おまとめローンでお金を借りると毎月1回返済日がありその日に1ヶ月分の返済と利息の支払いをします。

おまとめローンの会社によって返済日は違いますが必ず1ヶ月に1回返済日があります。金利の設定に応じて利息の金額が変わりますので、できるだけ金利が低いおまとめローンに申込みをすると利息を安くすることができます。おまとめローンの金利は実質年率という数字で表されるようになっています。

おまとめローンの公式サイトにある年18%などの数字が金利です。消費者金融は年18%のおまとめローンが多く、銀行のおまとめローンは年14~15%程度が多いです。

18%と15%を比較すると3%も違いがありますので、たくさんの金額を長期的に借りる場合はかなりの利息の差がでてきます。消費者金融のおまとめローンには無利息サービスがある場合がありますので、金利は高くてもすぐに返済するなら利息が安くなることもあります。