在籍確認は指定した時刻に電話を掛けてくれます

おまとめローンの審査は勤め先にかけてくる在籍確認というのがあります。在籍確認は申し込みの際に何時ごろかけたらいいのかといったことや、電話をかける担当者の名前を何にするのか打ち合わせしてくれる消費者金融もあります。

勤め先に電話がかかってきても、消費者金融とわからないようにしてくれるので安心です。クレジットカード会社の場合は、会社名を名乗ることがあるので、申し込みの際に確認しておくといいでしょう。

勤め先に電話がかかってくると、「○○さんをいますか」とか「○○さんお願いします」と来るので、その場にいれば電話に出ればいいですし、営業などでその場にいないときは「また掛け直します」などと言ってくれます。

また掛け直すと言ってもそこで在籍確認が取れているので、それ以上勤め先に電話がかかってくることはないです。派遣会社に勤めている場合は、派遣元に在籍確認取るということはほとんどなく、派遣先の会社の方に掛けてきます。

派遣先に勤めてない状態だと在籍確認が取れたと見なしてくれないので、派遣会社に登録だけのときは注意が必要です。在籍確認は申し込み本人が勤めているかいないかだけの確認なので、勤めていれば何の問題もなくクリアできます。

おまとめローンの在籍確認で職場の人にバレてしまう可能性は

おまとめローンの利用にあたってはまず最初に年齢や勤務先などの情報をおまとめローンの会社に対して申告をする必要があります。

そのうえでおまとめローン会社による価値入れ審査が行われることになるのですが、その過程ではおまとめローンを申し込んだときに申告をした勤務先への在籍確認が行われます。

この在籍確認の目的は、おまとめローンの申し込み時に申告をした勤務先に本当に勤務をしているのかを確認することにあります。そのため、在籍確認の電話ではおまとめローン会社側は個人名を名乗り、おまとめローンの在籍確認であるということ口にすることはありません。

そのため、在籍確認の電話が勤務先にかかってきたとしても職場の人たちにおまとめローンの申し込みをしたことを気取られてしまう心配はありません。

ただし、普段はあまり電話の掛かってこないような人に対して在籍確認の電話があったときには、職場の人たちにおまとめローンの申し込みをしたことを感づかれてしまうこともあります。