Author: threeword

おまとめローンの金利は安いの?

おまとめローンの利用で発生する金利と借りる会社の選び方

おまとめローンは、個人が金融機関や消費者金融会社などから借りられる個人向けの融資サービスであり、借りる会社によって様々なサービスがあります。

金利は、借りたお金を返す時に元金と共に支払うお金であり、借りたお金の額だけ金利の年率を乗じた金額を元金に上乗せして返済する事になります。つまり、金利が低いほど返済時の金額は下がりますので、おまとめローンを使う時には金利が低い金融機関や金融会社を選択するのが良いでしょう。

銀行で金利が低いのはネット銀行です。現在では、楽天銀行やソニー銀行、オリックス銀行など様々なネット銀行がありますので、ユーザーにとって選択肢が多いです。

また、銀行系消費者金融会社や大手消費者金融会社の場合、初回利用を条件に30日間金利ゼロを謳っているケースがあります。このようなサービスを行っている会社を利用すれば、そのサービスを展開している期間内に返済をする事で元金だけを返済するだけで済みますので、ユーザーにとっては得をします。

おまとめローンの金利は申込み前にしっかりと確認

おまとめローンの金利とは、利息の計算のもとになる数字です。おまとめローンでお金を借りると毎月1回返済日がありその日に1ヶ月分の返済と利息の支払いをします。

おまとめローンの会社によって返済日は違いますが必ず1ヶ月に1回返済日があります。金利の設定に応じて利息の金額が変わりますので、できるだけ金利が低いおまとめローンに申込みをすると利息を安くすることができます。おまとめローンの金利は実質年率という数字で表されるようになっています。

おまとめローンの公式サイトにある年18%などの数字が金利です。消費者金融は年18%のおまとめローンが多く、銀行のおまとめローンは年14~15%程度が多いです。

18%と15%を比較すると3%も違いがありますので、たくさんの金額を長期的に借りる場合はかなりの利息の差がでてきます。消費者金融のおまとめローンには無利息サービスがある場合がありますので、金利は高くてもすぐに返済するなら利息が安くなることもあります。

おまとめローンを組むときの注意点は?

専業主婦の場合、配偶者の年齢と安定した収入に注意!

銀行カードローンやフリーローンの場合、専業主婦の方でも貸付対象となるものが多数あります。配偶者に安定した収入があれば、一般的に最高30万円の利用限度額を期待することも可能です。

しかし、『配偶者に安定した収入があること』という条件については、注意が必要になる時期があります。それは、配偶者が定年退職する年齢すなわち60歳です。

配偶者の年齢の方が高いという場合については、より注意が必要であり、利用限度額の低下や返済のみになる可能性が生じてしまいます。そもそも、60歳で定年となる場合、収入が大幅に減少するケースが一般的です。

結果、申し込み時に比べ、返済能力が低下してしまい、契約条件の見直しに繋がってしまいます。そのため、配偶者が定年退職する前にパートやアルバイトにより収入を得ることが重要なこととなります。

結果的に配偶者の年齢が銀行カードローンの契約に影響を与えることとなるため、貸付上限年齢まで新規借り入れが出来るという考えは持たない方がおすすめです。
 

銀行カードローンはもはや総量規制対象外ではない!

銀行カードローンの魅力は、消費者金融のキャシングローンとは異なり、貸金業法に定められる総量規制の対象外という点でした。

しかし、銀行カードローンの過剰貸付や借り入れの増加により、債務整理者が増加したことで自主規制を行う銀行が増えています。

結果、消費者金融と同様に年収の1/3までの利用限度額になるケースが増えています。インターネット上の比較サイトや口コミサイトでは、総量規制対象外といった情報があるものの、銀行の公式ホームページ上では情報が更新され、貸付条件の見直しが行われています。

そのため、これから銀行カードローンの契約を検討されている方は、必ず公式ホームページ上の情報を隅々まで確認することが重要なこととなっています。

自主規制に気付かず、他社借入の合計金額が年収の1/3を超えている状態の場合、審査落ちしてしまい借入先の選択肢を狭めてしまうだけでなく、申し込みブラックとなり、必要な融資を受けられないといった問題に繋がってしまいます。

そのため、銀行カードローンについては、常に最新の情報を把握するのが今後はより重要になります。

おまとめローンの在籍確認はどうなっているの?

在籍確認は指定した時刻に電話を掛けてくれます

おまとめローンの審査は勤め先にかけてくる在籍確認というのがあります。在籍確認は申し込みの際に何時ごろかけたらいいのかといったことや、電話をかける担当者の名前を何にするのか打ち合わせしてくれる消費者金融もあります。

勤め先に電話がかかってきても、消費者金融とわからないようにしてくれるので安心です。クレジットカード会社の場合は、会社名を名乗ることがあるので、申し込みの際に確認しておくといいでしょう。

勤め先に電話がかかってくると、「○○さんをいますか」とか「○○さんお願いします」と来るので、その場にいれば電話に出ればいいですし、営業などでその場にいないときは「また掛け直します」などと言ってくれます。

また掛け直すと言ってもそこで在籍確認が取れているので、それ以上勤め先に電話がかかってくることはないです。派遣会社に勤めている場合は、派遣元に在籍確認取るということはほとんどなく、派遣先の会社の方に掛けてきます。

派遣先に勤めてない状態だと在籍確認が取れたと見なしてくれないので、派遣会社に登録だけのときは注意が必要です。在籍確認は申し込み本人が勤めているかいないかだけの確認なので、勤めていれば何の問題もなくクリアできます。

おまとめローンの在籍確認で職場の人にバレてしまう可能性は

おまとめローンの利用にあたってはまず最初に年齢や勤務先などの情報をおまとめローンの会社に対して申告をする必要があります。

そのうえでおまとめローン会社による価値入れ審査が行われることになるのですが、その過程ではおまとめローンを申し込んだときに申告をした勤務先への在籍確認が行われます。

この在籍確認の目的は、おまとめローンの申し込み時に申告をした勤務先に本当に勤務をしているのかを確認することにあります。そのため、在籍確認の電話ではおまとめローン会社側は個人名を名乗り、おまとめローンの在籍確認であるということ口にすることはありません。

そのため、在籍確認の電話が勤務先にかかってきたとしても職場の人たちにおまとめローンの申し込みをしたことを気取られてしまう心配はありません。

ただし、普段はあまり電話の掛かってこないような人に対して在籍確認の電話があったときには、職場の人たちにおまとめローンの申し込みをしたことを感づかれてしまうこともあります。

おまとめローンの返済で注意したいことは何?

おまとめローンの返済で注意しておきたいこと

おまとめローンの返済で注意しておきたいことがあります。まず返済で考えることは返済額です。借り入れする際には返済することはあまり考えていない人が多いですが、とにかく借り入れで頭がいっぱいになって返済額や返済計画を立てて借り入れすることです。

毎月の返済額はいくら返済必要なのか?返済日は自分の設定できる都合のいい日で決定できるのか等、返済においても考えてなければないことがたくさんあります。借り入れしたら終わりではなく、きちっと返済していける計画を立ててこそのおまとめローンです。

分からなかったり不安になることがあれば、おまとめローンのスタッフに聞けば教えてくれます。また返済でも実際にいくら借りてどのくらいで日数をかけて返済出来るかという返済シミュレーションも簡単に出来るのでこれも利用するべきだと思います。

借り入れする際には完済出来ることを考えて無理なく借り入れすることをおすすめします。決して無理のない借り入れ額で計画してください。

おまとめローンの返済で返済日に注意しておきましょう

おまとめローンを利用する上で注意しておきたいのは借り入れではなく返済です。

せっかく借り入れが審査が通って出来ても返済が滞ってしまうと借り入れが出来た信頼感が無くなってしまいますし、今後の信用情報にも影響が出ます。

そのためにはきちんと返済を計画することは実はおまとめローンを利用する上で大切なことなのです。おまとめローンの返済はほとんどが月一回の返済日を指定しています。

返済日を自由に決められるおまとめローンがほとんどですから自分のスタイルに合った返済日指定が望ましいです。

例えば給料日前に返済日を設定してしまうともしかして返済金が無くなってしまう可能性もあるのです。そうならないためにも必ず返済日指定が出来るところは給料日後にしましょう。

だいたいが5日、10日、15日、20日、25日、30日(月末)とこんな感じで5日区切りで返済日指定が出来ます。もちろんおまとめローンの会社によりそれより少ない所もあります。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !